ワックスとコーティングの違い

ここ最近の自動車の性能は大きく向上し、耐久性も昔に比べてずいぶんと高まってきているといいますが、自動車の表面についている塗装は意外なほど脆く、簡単に傷や汚れが付いてしまいます。

 

そんな塗装を守るために使用されているのがワックスとコーティングなのですが、この二つの違いが良く分からないという方は多いのではないでしょうか?

 

どちらも自動車の表面を保護するという点では変わりませんが、効果や持続時間などに大きな違いがあるので、どちらを使用するにしてもそれぞれの特徴を把握しておいて損は無いでしょう。

 
ワックスとコーティングの最大の違いは塗布後の持続期間にあるといいます。

 

一般的なワックスが数週間ほどで剥がれ落ちてしまうのに対してコーティングは一度塗布すれば数ヶ月は効果が持続するので、より長い間美しさを保ち続けたいのであればコーティングを選んだほうが良いでしょう。

 

ですがコーティングはワックスよりも塗布するのが難しいといわれており、失敗した時の被害も大きな物になってしまうため、ある程度経験を積まないと思うとおりの効果を発揮できないといわれています。

 

その点ワックスは持続期間こそ短いですがより手軽に使用することが出来るので、ここぞという時だけ綺麗にしたいという方や丁寧な作業が苦手という方にオススメです。

コメントは受け付けていません。